税務会計顧問

税務会計顧問、決算申告、税務相談について

『クラウド会計・WEB会議システム・チャットツール』を活用したサービスです。

働き方が多様化した今、業務の効率化を進める動きが加速化しています。

WEB会議システムとSNS・チャットを駆使したオンラインサービスで、
いつでも、どこでも公認会計士と繋がることができる体制を整えています。

税務会計顧問サービスに含まれる内容

  • 税務・経営・資金繰り・会計・給与計算に関する相談
    (電話・メール・チャットによる相談は無制限。面談は2ヶ月に1回程度。)
  • 経理のチェック(または代行)
  • 節税に対する提案
  • 納税予測の作成
  • 中間申告の手続き(仮決算が必要なものを除く)
  • 源泉税の申告手続(徴収高計算書の作成)
  • 税務に関する届出書の作成 (税務署・都税事務所等)
  • クラウド会計の導入・活用サポート
  • 補助金等の情報提供

クラウド会計ソフト・Web会議システム・ チャットツールを活用した顧問サービスです。
各種サービスや相談業務をオンラインで行うことにより、場所・時間・距離の問題から開放されます。

クラウド会計

クラウド会計とは?

クラウド会計とは、インターネットを介した会計サービスです。その中心となるクラウド会計ソフトは、インターネット環境とPC等の端末があれば、どこでも利用することができます。

クラウド会計を導入するメリット

  • 自宅PCやスマホからでもインターネットを経由して作業できるため、出張やリモートワークにも柔軟に対応できます。
  • 銀行やクレジット、POSレジや勤怠管理など様々なサービスと連携することで、入力や仕訳を自動化することができます。
  • 少額の利用料が毎月課金されますが、機能改善のアップデートは無料で行われるため、トータルのコストは安くなります。

対応可能なクラウド会計ソフト

  • MoneyForward(マネーフォワード)
  • freee(フリー)
  • 弥生会計オンライン

なお、MoneyForwardの公認メンバー、freee会計・人事労務 エキスパート、freee会計 上級エキスパート資格を取得しておりますので、クラウド会計ソフトの選定や初期設定、アプリや周辺機器との連動、操作レクチャーなど、クラウド会計導入に必要なサポートをしっかり行うことができます。

Web会議とは?

Web会議とは、インターネットを通じて遠方の相手と映像や音声・会議資料を共有し、オンラインで情報をやり取りする会議のことをいい、時間や場所を選ばない働き方(=テレワーク)が推奨される昨今において、注目を集めているコミュニケーション方法の一つです。

Web会議を導入することで、従来の会議に比べて移動費や移動時間の削減が期待できるほか、インターネット環境のあるところであればどこからでも会議に参加できるため、導入を決める企業が増えています。

Web会議を導入するメリット

  • 打合せ場所を考慮せずに日程調整が行えるため、経営者や税理士の移動時間と移動コストを大幅にカットできます。
  • 電話やメールと変わらない手間で、対面による会話と同等の効果が得られ、コミュニケーションが強化されます。

対応可能なWeb会議システム

  • Zoom
  • Google Meet
  • Microsoft Teams
  • その他無料のWebサービス

チャットツール

チャットツールとは?

チャットツールとは、PCやスマートフォンを介してリアルタイムでコミュニケーションをとることができるコミュニケーションツールです。

形式的・一方通行なメールと違い、実際に会話するような感覚で使える気軽さが特徴で、1対1だけでなく、複数人でのコミュニケーションが可能になります。

チャットツールを導入するメリット

  • リアルタイムでコミュニケーションをとることができるため、すぐに返信が欲しい場合やちょっとしたことを聞きたいときなどに重宝します。
  • グループを作成し、一度に複数人とコミュニケーションをとることができるので、複数人で共有したい情報など、効率的に情報共有することができます。

対応可能なチャットツール

  • Chatwork
  • slack
  • その他無料のWebサービス